男性が睡眠障害になる主な理由

男性が睡眠障害になる主な理由

日本では睡眠障害を患っている人が多く、不眠大国などと呼ばれています。男女比で言うと女性の方が多く、男性はなりにくいといわれていますが、男性にも睡眠障害を抱える理由はたくさんあります。

男性の場合、仕事上のストレスから睡眠障害になる方が多いです。失敗の許されない緊張感や、嫌な上司との付き合いなど、ストレスの溜まる機会が多いため、溜め込まないようにうまく発散させる必要があります。

また、デスクワークがほとんどの方は、パソコンやスマートフォンから発生するブルーライトを大量に浴びることで脳が活性化し、うまく眠れないというケースもあります。

会社の付き合いでアルコールを飲む機会もあり、つい深酒をしてしまい睡眠リズムが狂ってしまう人もいます。

男性が睡眠障害になるとどうなる?

男性が睡眠障害になるとどうなる?

睡眠障害によって寝付きが悪くなったり、質の良い睡眠が確保できなかったりすると、様々な体調不良に悩まされることになります。

特に男性特有のものでいえば、成長ホルモンの分泌が正常に行われないことや、生殖能力の低下などが挙げられます。特に生殖能力の低下は男性のみでなく、パートナーの女性なども悩むことになります。

睡眠障害は、日々のストレスや生活習慣の乱れなどが主な原因となりますが、希に脳の機能に異常を来しているなど、重要な原因が隠れている場合もあります。

男性の場合、特に仕事に関連して睡眠障害が引き起こることが多く、たとえば非常に忙しくて眠れなかったり、仕事上の悩みが積み重なったりすることが挙げられます。

睡眠障害になりにくい男性の特徴

睡眠障害になりにくい男性の特徴

睡眠障害になりにくい人は、心身のバランスが健全のため病気にもなりにくいです。睡眠障害になりにくい男性の特徴として、睡眠リズムが安定していることがあります。

例えば、その日によって睡眠時刻がまったく変わってしまう場合、心身のバランスが崩れやすくなります。毎日22時には布団に入るというように決めている男性は、睡眠障害になりにくいのが特徴です。

睡眠リズムがひとたび崩れてしまうと、元に戻すのが大変になるので注意してください。睡眠障害を改善・調整していくためには、夜ふかしはしないのが基本となります。

特に就寝時刻が24時を回ってしまう状況は避けてください。夜遅くなるほど人は寝つきにくくなるので、できれば22時を目安に眠るようにしましょう。