睡眠障害はどんな症状?

睡眠障害はどんな症状?

睡眠障害とは広く睡眠に何らかの問題があることを指します。では睡眠障害はどんな症状が出て、どんな特徴があるのでしょうか?

まず症状の特徴としては自覚できるものと、人から指摘されるものがあります。

自覚できる症状には、なかなか寝付けない、熟睡できないなどの不眠、日中眠くて仕方がないなどの過眠、足がむずむずする就寝時の異常感覚などがあります。

人から指摘される症状としては、いびき、無呼吸、寝ぼけ行動や寝言など就寝時の異常行動などがあります。

このように睡眠障害にはいくつもの症状があり、放っておくとうつ病や生活習慣病になってしまう可能性もあり注意が必要です。睡眠障害に悩まされたらすぐに病院へ受診に行きましょう。

不眠症と睡眠障害の違いは?

不眠症と睡眠障害の違いは?

不眠症と睡眠障害は同じだと思っている方も多く、違いをはっきりと説明できると言う方は多くありません。

不眠症とは病名ではなく眠れないと言う症状をあらわす言葉です。寝付きが悪くベッドや布団に入ってもなかなか眠ることができないと言う入眠困難や、眠りが浅く、眠っていても途中で目が覚めてしまうと言う中途覚醒などがあります。

思っている時間よりも随分と早く目が覚めてしまうと言う早期覚醒、どんなに睡眠時間を長くとっても熟睡感がなく、目覚めてからも眠気があり体がだるい状態にあると言うような症状が不眠症といえます。

睡眠障害とは睡眠に関する障害を全て含んだ呼び名であり、睡眠障害の中に不眠症が含まれています。睡眠障害には様々なものがあり、眠れないと言うことが不眠症と言う事ではありません。

睡眠障害になると頭が悪くなる?

睡眠障害になると頭が悪くなる?

人間は規則正しい睡眠をとることによって、身体のリズムを整えています。リズムを崩してしまう要因として睡眠障害があり、長期化すると頭が悪くなる原因ともなります。

正確にいえば頭が悪くなるというより、脳の働きが鈍ってしまうのです。クリアな脳を維持するためにも、睡眠障害は解消していきましょう。

睡眠障害の原因としてストレスがあるため、ストレスは溜めない工夫が必要です。物事をすべて悪い方向に考えてしまう方は、ここから改善していきましょう。

前向きに考えることを習慣化すれば、ストレス耐性ができるので睡眠しやすい体質に変えることができます。

睡眠障害を克服するためには、いかに心身をリラックスさせるかが鍵となります。ストレスを溜めやすい方は、アロマテラピーなども導入して心身を落ち着けましょう。